TOP > 地酒用語集 > 一覧

会員サイト

入会特典

・「いい酒のめーる」の購読
・唎酒会やイベントへのご案内
・検定やサイト機能の利用
・マナベル度の獲得

会員登録

すでに会員の方はこちら

ログイン

地酒の用語集

あなたの地酒の知識を増やしましょう

  • 地酒用語集

みんなで作る地酒情報

お奨めの地酒や肴・お店をみんなに教えてあげよう!

  • 地酒ぐるめ大百科
地酒蔵元会利酒会 イベントの様子はこちら
地酒川柳募集キャンペーン
地酒川柳優秀作品アーカイブ
地酒蔵元会公式チャンネル
“男前女子”のニュー旅スタイル 飲み旅本。

地酒用語集

頭文字 「あ」
全9件中 1~ 9件目
カテゴリー:地酒に関わる人
相釜 【あいがま】
釜屋助手のこと。
カテゴリー:地酒に関わる人
相麹 【あいこうじ】
麹師助手のこと。
カテゴリー:地酒の酒類について
あかい酒 【あかいさけ】
麹の一部に紅色の色素を持つ紅麹を使用して造られた、鮮やかな紅色の日本酒のこと。
カテゴリー:地酒の酒類について
赤米酒(古代米酒) 【あかまいしゅ(こだいまいしゅ)】
赤米や古代米を原料として造られたもので、赤や紫の色が特徴。米に含まれるポリフェノール類などの効果で、複雑さとともに果実のようなニュアンスのものもある。
カテゴリー:地酒の酒類について
甘酒 【あまざけ】
米のかゆに米麹を混ぜ、約一昼夜、55度前後に放置して作ったもの。別名「一夜酒」、「なめ酒」ともいう。 また、簡略的に造る方法として湯に酒粕を溶いて煮込み、甘味を加える方法もとられる。
カテゴリー:地酒で使われる単位
アミノ酸 【あみのさん】
旨みやコクの度合いを示す数値。この値が低ければ味が薄く、高ければ濃い味わいになる。ただし、あまり値の高いものは、雑味の多い酒になってしまう。
カテゴリー:地酒の酒類について
荒走 【あらばしり】
発酵を終えたもろみを搾り袋に入れて圧搾するとき、最初に出てくる白く濁った酒。みずみずしい味と香りが特徴。
カテゴリー:地酒で使われる単位
アルコール度 【あるこーるど】
清酒の一般的なアルコール度は15~16度。アルコール自体に味はなく、度数の違いによる甘い辛いの区別は無い。しぼりたての原酒などは20度近く高めのものが多い。
カテゴリー:地酒の酒類について
泡盛 【あわもり】
主に沖縄で作られる米だけの焼酎。タイ米、黒麹などを原料とする。特有の香りと、かすかな甘味が特徴。
全9件中 1~ 9件目