TOP > 地酒用語集 > 一覧

会員サイト

入会特典

・「いい酒のめーる」の購読
・唎酒会やイベントへのご案内
・検定やサイト機能の利用
・マナベル度の獲得

会員登録

すでに会員の方はこちら

ログイン

地酒の用語集

あなたの地酒の知識を増やしましょう

  • 地酒用語集

みんなで作る地酒情報

お奨めの地酒や肴・お店をみんなに教えてあげよう!

  • 地酒ぐるめ大百科
地酒蔵元会利酒会 イベントの様子はこちら
地酒川柳募集キャンペーン
地酒川柳優秀作品アーカイブ
地酒蔵元会公式チャンネル
“男前女子”のニュー旅スタイル 飲み旅本。

地酒用語集

頭文字 「く」
全6件中 1~ 6件目
カテゴリー:地酒に関わる人
下り酒問屋 【くだりさかどんや】
江戸時代に新川、新堀、茅場町辺りに軒を連ねており、摂泉十二郷産のものだけなく尾張、三河、美濃で産した中国ものなども含めて下り酒全般を扱っていた。下り酒問屋の多くは、上方でその酒を造っている酒屋の「江戸営業所」から大きくなったものであった。
カテゴリー:その他
下り酒 【くだりざけ】
上方で生産され、大消費地江戸へ輸送され消費された酒のこと。江戸時代前期は伊丹酒、池田酒がトップブランドであったが、江戸時代後期につれて後発の灘酒が市場を席捲した。これは、やや内陸に位置する伊丹や池田に比較し、海沿いに位置する灘が江戸への輸送上有利であったという理由が大きい。
カテゴリー:地酒の酒類について
口噛みノ酒 【くちかみのさけ】
「大隈国風土記」のなかに記載されており、生米を噛んでは水の入った容器に吐き出し、一晩以上の時間を置いて酒を醸したという最も原始的な酒のこと。日本では縄文時代後期~弥生時代に始まったとされる。
カテゴリー:地酒に関わる人
蔵人 【くらびと】
清酒醸造場にあって酒の製造に従事する人々。出稼ぎの人が多くを占める。蔵子ともいう。
カテゴリー:その他
蔵元 【くらもと】
酒造メーカーの総称。全国各地で、それぞれ個性的な酒造りが行われている。各地の蔵では蔵見学を行うことも可能。ただし蔵見学に参加する際は、「前日から納豆を食べるのを控える」、「貴金属などを持ち込まない」、「香水や香りの強い化粧をしない」などお酒を劣化させてしまうようなことに気を付けたい。
カテゴリー:地酒の道具
ぐい呑み 【ぐいのみ】
酒器の一種で猪口よりは大きく湯飲みよりは小さい程度の器のこと。
全6件中 1~ 6件目