TOP > 蔵元紀行 > 石川酒造 > お宝紹介

会員サイト

入会特典

・「いい酒のめーる」の購読
・唎酒会やイベントへのご案内
・検定やサイト機能の利用
・マナベル度の獲得

会員登録

すでに会員の方はこちら

ログイン

蔵元紀行

北海道

東北

関東・甲信越

中部・北陸

近畿

中国

四国

九州

地酒の用語集

あなたの地酒の知識を増やしましょう

  • 地酒用語集

みんなで作る地酒情報

お奨めの地酒や肴・お店をみんなに教えてあげよう!

  • 地酒ぐるめ大百科
地酒蔵元会利酒会 イベントの様子はこちら
地酒川柳募集キャンペーン
地酒川柳優秀作品アーカイブ
地酒蔵元会公式チャンネル
“男前女子”のニュー旅スタイル 飲み旅本。

石川酒造株式会社 ~お宝紹介

川合 玉堂 作 の掛け軸

川合 玉堂 作 の掛け軸

日本画壇の巨匠・川合 玉堂は昭和19年(1944)から昭和32年(1957)に没するまでの10余年を、武蔵野の青梅市御岳で過ごした。
多摩の自然と酒をこよなく愛し数々の大作を生み出した玉堂の人柄は、地元の人々からも慕われ、昭和36年(1961)には御岳に玉堂美術館が完成している。
この掛け軸は、石川家に訪問したであろう玉堂が置いていったものとか。文化に造詣の深かった石川家当主と、芸術談義を酌み交わしたのであろう。

高村 光雲 作の壺

高村 光雲 作の壺

こちらは、近代木造芸術の祖・高村 光雲(1852~1934)作の壷。
高村 光雲は、東京上野公園の西郷隆盛銅の作者であり、彫刻家で詩人の高村 光太郎、人間国宝の高村 豊周の父である。
この壷は、先代の石川 弥八郎が入手したものと思われる逸品。

池田 満寿夫 作の皿

池田 満寿夫 作の皿

版画家としてだけでなく、万能のアーティストとして名を馳せた、池田 満寿夫の作品。
個性的な色彩と造形が、彼らしい独特の世界を伝えてくる。
これは、現会長の石川 弥八郎氏と親しかった池田氏から贈られたもの。
池田氏も無類の日本酒党で、夫婦で全国各地の蔵元を行脚していた。