TOP > 蔵元紀行 > 三宅本店 > 歴史背景

会員サイト

入会特典

・「いい酒のめーる」の購読
・唎酒会やイベントへのご案内
・検定やサイト機能の利用
・マナベル度の獲得

会員登録

すでに会員の方はこちら

ログイン

蔵元紀行

北海道

東北

関東・甲信越

中部・北陸

近畿

中国

四国

九州

地酒の用語集

あなたの地酒の知識を増やしましょう

  • 地酒用語集

みんなで作る地酒情報

お奨めの地酒や肴・お店をみんなに教えてあげよう!

  • 地酒ぐるめ大百科
地酒蔵元会利酒会 イベントの様子はこちら
地酒川柳募集キャンペーン
地酒川柳優秀作品アーカイブ
地酒蔵元会公式チャンネル
“男前女子”のニュー旅スタイル 飲み旅本。

株式会社三宅本店 ~歴史背景

広大な敷地と社屋

心地よい潮風が鼻先をくすぐる呉港を離れた閑静な山の手の一等地に、株式会社三宅本店の近代的な社屋と広大な敷地が繰り広がっています。
約1万石の酒を醸造している二つの蔵、呉宝蔵(ごほうぐら)と吾妻庫(あづまぐら)の威容に圧倒される筆者。その彼方には明治・大正時代の蔵が蔦の絡まる煙突を聳えさせ、往時の三宅本店の隆盛を偲ばせます。
「そもそもは広島浅野藩の侍だったようですが、私から六代前は明治維新後に一介の小さな酒屋を営んでいました。当初は、酒粕を仕入れて白酒や味醂、焼酎などを造っていたのです。本格的に清酒醸造を始めたのは五代前の人物で、明治35年(1902)。この年の秋に呉市制が始まり、翌年には海軍工廠が設立される予定で、酒商売の発展が期待できたことや地元に清酒蔵元が5軒しかなかったことも、先祖が挑戦した理由でしょう」

五代目 三宅 清嗣 社長

いかにも秀逸慧眼といった面持ちで語ってくれたのが、株式会社三宅本店 五代目の 三宅 清嗣(みやけ きよつぐ)社長です。
創業113年目を迎えた西国の名門蔵が村落の白酒屋であったと聞き、俄然、筆者の興味はその創業者へと向かいます。

初代・三宅 清兵衛 創業時を偲ばせる、明治蔵

株式会社三宅本店の清酒醸造は、清嗣社長から五代前の三宅 清兵衛の時に呱々の声を上げました。当時は、富国強兵・殖産興業を掲げる明治政府の近代化がようやく実り始め、大蔵省所轄の醸造試験所による技術指導、清酒の普及が全国で展開されていました。
しかし地方の酒屋にとって、学術や理論的な醸造学は未知の世界。酒の出来栄えは杜氏の経験と勘どころに委ねるのがもっぱらでした。
呉の蔵元たちもその例外ではなく、地元の軟水による酒造りに腐心するさなか、明治30年(1897)に起死回生の快哉が起こります。呉の隣町で広島杜氏たちの故郷でもある安芸津出身の三浦 仙三郎(みうら せんざぶろう)が画期的な軟水仕込みの清酒を開発し、国内品評会の賞を総なめにして広島の清酒を伝播したのでした。
その余勢をかって、呉の清酒造りも動き出します。
「初代の 三宅 清兵衛 は嘉永6年(1850)生まれでしたから、すでに52歳になっていました。通念であれば隠居する年齢ですが、よほど勝算があったのでしょうね。そして、彼の親友から力添えもありました。清兵衛が、白酒や味醂の原料として酒粕を仕入れていた遠藤 伝右衛門はすでに呉市の清酒需要量の6割を生産する成功者であり、刎頚の友でした。3歳年上の遠藤からの強い勧めを受けて、清兵衛は腹を括ったのだと思います」
そう語る 清嗣 社長 は、当時に誕生したいくつかの銘柄の中から“吾妻川(あづまがわ)”について紹介してくれました。

吾妻川のレッテル

「吾妻川の銘は、三宅本店の傍らを流れる小さなせせらぎに由来しています。現在は見る影もありませんが、ここに創業した頃は軟水がほとばしる清らかな流れで、その源流は呉の奥に聳える灰ケ峰に発しています」
初代の清兵衛はこの軟水を蔵に引き込み、精米に利用。そして地下を流れる伏流水で、新たな酒を仕込みました。もちろん、杜氏や蔵人は安芸津出身の名工たちを選抜しています。
こうして満を持して売り出した清兵衛の酒は、予想だにしない売れ行きとなり、375石の清酒が寸暇なく売り切れてしまったのです。

千福が誕生

初代・清兵衛の醸す銘酒は、安芸地域のみならず広島県内の清酒品評会でも高い評価を得ていきます。
明治の晩年には呉鶴、呉菊などの銘柄も加わり醸造量も4400石を超え、押しも押されもせぬ蔵元へ成長すると、大正2年(1913)の全国酒類品評会において吾妻川正宗が一等、呉鶴と吾妻川も二等に入選される快挙を成し遂げたのです。
この追い風を受けて、中・四国と九州一円を含めた最大の醸造量に達し、
大正5年(1916)には銘酒“千福(せんぷく)”が誕生。いよいよ1万石を超える勢いに迫ります。

三宅 フク 三宅 チト

名実ともに呉の傑物となった初代・清兵衛は、商工会議所や財界関係の要職にも就き、次代への引継ぎを始めます。 「千福の由来は清兵衛の妻・チト(千登)と、先代である三宅清七の妻・フクにあります。フクは店先で売る量り売りの酒や味醂を、少し多めにオマケすることを常としていました。飲酒は勤労者の唯一の楽しみなのだからと、生涯、サービスを続けました。そのお陰で近隣の主婦がこぞって買いに来ては、口コミで広げてくれたようです。さらにチトも、フクの志を引き継ぎ、家業に貢献をしました。この二人から、千と福を頂いたわけです」
そう披露する清嗣社長のおだやかな表情に、センとフクから流れる血脈と三宅家の人となりを感じます。

二代目・清兵衛 展覧会でも名を馳せた

一代にして千石酒屋を築いた初代・清兵衛は、大正14年(1925)に逝去します。
清兵衛の名を継承したのは長男の 三宅 清美 でした。この二代目・清兵衛の時に、銘酒“千福(せんぷく)”は一世風靡したと清嗣社長は言います。
「大正12年(1923)に、千福は全国新酒鑑評会で優等第一位を受賞しました。この成果をもって、清兵衛は革新的な四季醸造を敢行したのです。その醸造量は、15000石を越えました。創業22年目の新参者の酒屋の破天荒な試みに、全国の蔵元が度肝を抜かれたことでしょう。しかし、その後、昭和初期まで世界恐慌や軍縮の影響を受けて、日本の消費経済は暗礁に乗り上げていきます。汲々とする世相の中で、二代目は千福を広めていかねばなりませんでした」

昭和に入り軍国色が濃厚になると、日本酒にも国粋主義を啓蒙する銘柄が推進されます。
蔵から出航する艦船の需要、満州国への輸出によって合名会社となった三宅本店も、千福
のみならず、海洋一、廠の友、国防、海防といった銘柄を続々と登場させました。
また、全国的に酒屋の廃業や倒産が続く中、一縷の望みになったのは満州国への進出でした。

満州千福醸造 株式会社

昭和6年(1931)に満州事変、上海事変が勃発すると大陸へ渡る国民が急増し、新たな酒の市場が広がりました。機を見るに敏な二代目・清兵衛は海上輸送での品質試験を行うなど着々と下準備を整え、昭和8年(1933)いよいよ満州千福醸造株式会社の設立に踏み切ったのです。
奉天市に確保した敷地は7146坪の広大なスケール、総レンガ造りの巨大な工場が建築されました。さらに奉天は地下水脈が豊かで、水質も極めて清冽とあって千福の酒質は好評。満州国の料亭、酒屋、卸業者など、ひっきりなしの注文に年々増石が続きました。
この成功を見届けるかのように、病気療養中だった二代目・清兵衛は昭和10年(1935)に永眠、その3年後に満州千福醸造株式会社は17550石の生産量に達し、一頭地を抜く蔵元として満州に君臨したのです。

広大な蔵を復活させる

しかし、三代目・清兵衛の時代は太平洋戦争下で始まった米の配給の影響で、呉の三宅本店の業績は低迷していきます。そして、昭和20年(1945)の呉大空襲によって、三宅本店は全社屋を消失し、灰燼に帰してしまいました。むろん、気を吐いていた満州千福醸造株式会社もロシアに占領されたのです。
終戦後の混沌と貧困は、酒造業にも大打撃を与えました。
15000石を超えていた三宅本店の石高は、昭和23年(1948)には2000石にまで下降。わずかに焼け残った明治蔵と大正蔵の一部で、爪に火を点すような酒造りを始めました。

業界初のオートメーションの瓶詰め

ようやく復興が形となってきた昭和24年(1947)、いわゆる三増酒が国に認められたことで、満州での合成酒や倍増酒醸造によって一日の長を持つ三宅本店は、息を吹き返します。
清兵衛を始めとする三宅家の経営陣は、新たな蔵の建設に思案投げ首し、資金集めに東奔西走します。また、満州から帰国した社員たちも寝る間を惜しんで蔵を修理し、三増酒造りを手がけました。
この結果、昭和28年(1953)に呉宝蔵を竣工させ、翌年は8800石まで回復。そして昭和32年(1957)には1万石を超え、西国一の蔵元としての道を再び目指します。この頃、全国の清酒メーカーに先駆けて瓶詰め工場をオートメーション化したのも清兵衛でした。
戦中戦後の荒廃と復活を双肩に担ぎ、明晰な頭脳と経営手腕、そして人徳と誠実さを兼ね備えた三代目・清兵衛は、まさに三宅本店の中興の祖と言っても過言ではないでしょう。

四代目・清兵衛(清文)

高度経済成長期を迎えた昭和40年代、清酒需要は最高潮に達します。
灘や伏見の蔵元がテレビやラジオのコマーシャル、新聞広告を全国展開し、大メーカーとして清酒市場を占めていく中、三宅本店は西国の蔵元として中・四国や九州での人気を矜持します。
その責務を委ねられたのが、弱冠38歳で社長に就いた四代目・清兵衛(清文)でした。
創業百年目の経営者となった清兵衛は総勢242名の社員のトップで、業績22000石を維持せねばなりません。千福が東京や大阪へ進出する、新たな戦略の幕開けでした。
その一つが、千福ファンのお客様と蔵元の縁を結ぶ「福の会」。昭和34年には東京福の会を発足させ、作詞家のサトウハチロー氏と出逢います。
サトウハチロー氏は戦前から昭和40年代にかけて童謡や叙情詩、歌謡曲などを作詞したことで著名です。昭和30年(1955)には、童謡「ちいさい秋みつけた」でレコード大賞も受賞しました。
大衆の心をつかみ愛されるサトウハチロー氏と昵懇になり、千福のコマーシャルも依頼した四代目・清兵衛の真意を、こんな詩からも汲み取れます。

林の中で飲む
川のほとりで飲む
明るい丘で飲む

ぼくの好きな千福
若いときから飲んでる千福
いつでも美味い千福

日暮れのベランダで飲む
夜の部屋で飲む
楽しい気持ちで飲む

昭和50年代に入ると装置産業と呼ばれる時代を迎えた清酒業界でしたが、日本の国際化のうねりは新たな輸入ビジネスを生み、ビール、ウイスキー、清酒の三本柱以外にあらゆるアルコール類が流通し始めました。
この多様な嗜好性の中で、四代目の清兵衛は高品質の醸造技術と設備を追求し、全国新酒鑑評会などで高評価を獲得します。しかしながら、あくまで地元への商品提供を大切にし、ファンとお得意先とのコミュニケーションをモットーに三宅本店の暖簾を守り抜いたのです。また、福を誰にも惜しみなく提供する三宅本店の商品開発にも注力しました。
その哲理は、現社長で五代目の三宅 清嗣 社長にも受け継がれているはずです。
いよいよ次項では、清嗣 社長の魅力に迫りましょう。

全国新酒鑑評会で高評価を獲得 大衆のための千福を追求