原酒特集

2018 年7月

厳選メニューと原酒

酷暑の到来を風味豊かな原酒と豊かな素材で味わう

原酒とは

一般的にお酒は「もろみ」を搾った後に水を加えてアルコール度を調整します。しかし原酒の場合は、その加水調整を行いません。ですから、原酒の場合はアルコール度が他と比べて高めなのが特徴です。原酒は濃醇な味わいで、日本酒本来の旨みが楽しめるといえますね。また、夏の風物詩である鰻の蒲焼や煮穴子などとも相性がよく、氷などを使ってオンザロックで飲む原酒も美味しいものです。暑い夏などにおすすめの飲み方のひとつですね。

今月の肴

地酒に合う料理長の厳選メニュー

抹茶の枡ティラミス

抹茶の枡ティラミス

和風スイーツとの甘口ハーモニー

日本酒の肴に珍しいスイーツは上品な抹茶ティラミス。 ティラミスのクリームとシロップには日本酒「阿櫻」を使用。 小倉あんも合わせて味に上品な奥行きが生まれます。 超甘口の濃厚な「男山 復古酒」に絶妙にマッチします。

とうもろこしのかき揚げ

とうもろこしのかき揚げ

濃厚原酒とのコントラストが活きる良質素材の一品

生で食べられるとうもろこし「ゴールドラッシュ」。 金貨がザクザクと並んだような華やかな黄色とメロンよりも甘い糖度が特徴です。 弾けるよなみずみずしい歯ごたえとあふれる甘みにサクサクの衣の塩味がバランスのよい人品です。

鮎の塩焼き

鮎の塩焼き

濃厚原酒とのコントラストが活きる良質素材の一品

愛知県産の鮎を塩焼きにしました。 たで酢はだしを入れて香り豊かに。 酸っぱすぎない味で鮎の旨味を引き出します。 風味豊かな原酒を引き立てるシンプルな味わいです。

今月の地酒

今が飲み頃の地酒3銘柄をセレクト

原酒と厳選メニュー