純米酒特集

2019年9月

厳選メニューと純米酒

純米酒の米の旨味とコクが合う 初秋の料理

純米酒とは

“純米酒”と呼ぶためには、原料や製造方法などの制約をクリアしなくてはなりません。米と米麹と水だけを原料として製造しなくてはなりません。米は、3等以上に格付けた玄米またはこれに相当する玄米を使用し、さらに米麹の総重量は、白米の総重量に対して15%以上必要です。こうしてこだわって造られた純米酒は、吟醸酒や本醸造に比べて濃厚な味わいがあり、香味と色が良好なのも特徴です。また、蔵ごとの個性が明確だと言われています。

今月の肴

地酒に合う料理長の厳選メニュー

賀茂なすの田楽

賀茂なすの田楽

秋の到来を感じさせる

京の伝統野菜である賀茂なすを、田楽として調理しました。味噌の味わいに日本酒が進みます。

天然鯛の薄造り

天然鯛の薄造り

新鮮な天然鯛をそのまま

国産の新鮮な天然鯛を、素材の味を引き出す薄造りに。シンプルにポン酢でお召し上がりください。

天然鯛のかぶと煮

天然鯛のかぶと煮

米の旨味に合う料理

天然鯛を甘辛く炊きました。お米や日本酒と合うかぶと煮は、米の旨味が強い純米酒に特に合います。

今月の地酒

今が飲み頃の地酒3銘柄をセレクト

純米酒と厳選メニュー

「歳時記」とは?

国分ビル1階にあるダイニングバー「ニホンバシイチノイチノイチ」とコラボレーション。
今月イチオシの”地酒”と、今が旬な地酒にぴったりな”肴”をお届けします。

アーカイブ

archive