原酒特集

2019年7月

厳選メニューと原酒

夏に合う深みある原酒と限定料理

原酒とは

一般的にお酒は「もろみ」を搾った後に水を加えてアルコール度を調整します。しかし原酒の場合は、その加水調整を行いません。ですから、原酒の場合はアルコール度が他と比べて高めなのが特徴です。原酒は濃醇な味わいで、日本酒本来の旨みが楽しめるといえますね。また、夏の風物詩である鰻の蒲焼や煮穴子などとも相性がよく、氷などを使ってオンザロックで飲む原酒も美味しいものです。暑い夏などにおすすめの飲み方のひとつですね。

今月の肴

地酒に合う料理長の厳選メニュー

枝豆豆腐

枝豆豆腐

夏らしく冷えた地酒と豆腐を

細かい枝豆が入った味ある豆腐に、枝豆、雲丹、桃、海老をトッピング、夏らしい食材が最高の豆腐に変えます。冷えた原酒がとてもよく合います。

穴子の煮付け

穴子の煮付け

暑さを忘れるとろける美味しさ

その長さに驚く穴子料理です。酒蒸しで柔らかくしてから煮付けてあり、シャキシャキとしたきんぴらごぼうが乗り、口の中でその組み合わさった美味しさが広がります。

薩摩若軍鶏の炭火焼き

薩摩若軍鶏の炭火焼き

都内で食べられる絶品の特産品

鹿児島県の特産品でもある薩摩若軍鶏。そのままの美味しさをお楽しみいただくために、塩と黒ごま七味をつけてお召し上がりください。噛んでも噛んでも残る味わいが原酒とマリアージュ。

今月の地酒

今が飲み頃の地酒3銘柄をセレクト

原酒と厳選メニュー

「歳時記」とは?

国分ビル1階にあるダイニングバー「ニホンバシイチノイチノイチ」とコラボレーション。
今月イチオシの”地酒”と、今が旬な地酒にぴったりな”肴”をお届けします。

アーカイブ

archive