新酒特集

2019 年12月

厳選メニューと新酒

それぞれの新酒の特性に合わせた師走料理

新酒とは

今年収穫されたお米を使用して一番に醸造されたお酒は、一般的に『新酒』と呼ばれています。その年のお米の出来に左右される部分があるものの、各蔵とも上々のお酒に仕上がっています。なぜなら、新酒は今年のお酒の出来を占う意味があるので、各蔵とも渾身の力を込めて造るからです。定番酒とは異なり、新鮮な風味と酸味、若々しさを楽しむことができるこの新酒で、各蔵のお酒の出来を比べてみるのも一興です。

今月の肴

地酒に合う料理長の厳選メニュー

茸の根菜のかき揚げ

茸の根菜のかき揚げ

甘味ある新酒にさっぱりした根菜

長野県産のタモギダケと、舞茸、ゴボウ、レンコン、人参を美味しいかき揚げにしました。天つゆを染み込ませ口に入れると、軽い口当たりが新酒の味わいを引き立ててくれます。

ぶり大根

ぶり大根

味のしっかりした新酒によく合う

石川県産の天然のぶりを、鰹だし、みりん、醤油、酒で作ったつゆに漬けて香り付け。大根は後から漬けて、ぶりの香りを染み込ませました。味がしっかりした新酒と料理が口の中で踊ります。

厚岸浅利の酒蒸し

厚岸浅利の酒蒸し

辛口の新酒を引き立てる濃厚な味わい

北海道産の厚岸浅利を辛口のお酒で蒸しました。隠し味にはバターを使うことで、濃厚な味わいを引き出します。この味付けが、辛口純米のコクを引き立てます。1年の最後を最高のマリアージュで。

今月の地酒

今が飲み頃の地酒3銘柄をセレクト

新酒と厳選メニュー