吟醸酒特集

2017 年8月

厳選メニューと吟醸酒

残暑を味わう旬の肴

吟醸酒とは

吟醸酒とは、原料のお米を60%以下まで精米し、低温発酵させた香味豊かなものを指します。精米歩合を高めることにより、お米に含まれるお酒つくりに不要な成分(糠)を削り落とすことができます。普通酒では70%くらいの精米歩合です。また、吟醸酒の中でも特に50%以下まで精米したものを大吟醸と呼びますが、鑑評会への出品酒などでは精白35%(65%が糠)というものもあります。食前や食後に、この洗練されたフルーティな香りを嗜しもう。

今月の肴

地酒に合う料理長の厳選メニュー

水牛モッツァレラの西京味噌漬け

水牛モッツァレラの西京味噌漬け

辛口吟醸酒と水牛モッツアレラ 異色のハーモニー

水牛モッツァレラのさらっとした甘みがきりっと辛口の吟醸酒を、マイルドに包み込む逸品。 モッツァレラと西京味噌の組み合わせは絶妙。 モッツァレラの甘みが西京味噌の塩分を程よく強調します。 暑い夏にさらっと食べたい。

賀茂茄子の金山寺味噌の田楽

賀茂茄子の金山寺味噌の田楽

肉厚な賀茂茄子を金山寺味噌と一緒に

今が旬の賀茂茄子を贅沢にいただく味噌田楽。 ほのかに甘い金山寺味噌が賀茂茄子の旨味を引き立てます。 やさしく広がる賀茂茄子と金山寺味噌の旨味とスッとのどごしの良い辛口の吟醸酒とのバランスは絶妙です。

鮎の塩焼き

鮎の塩焼き

肉厚な賀茂茄子を金山寺味噌と一緒に

長野県産の鮎をシンプルに塩焼きにしました。 さらっとした喉越しと上品な甘みの吟醸酒が鮎の塩焼きの塩分をマイルドにほぐしていきます。 旬の味をそのまま楽しめる逸品です。

今月の地酒

今が飲み頃の地酒3銘柄をセレクト

今が飲み頃の吟醸酒3銘柄

鳴門鯛 飛切

吟醸酒らしい、上品な味わい。しっかりとした酸味はあるが、香りは穏やかでコクがあり、くどさは感じられないお酒です。

徳島県 株式会社本家松浦酒造場

奥飛騨 吟醸生囲い

「生囲い」とは、搾ったお酒を加熱等の処理をせず生酒のままタンクで貯蔵し、瓶詰の時に一度加熱処理して出荷されるお酒です。香、味わいも引き立てられ【吟醸香】と呼ばれる果実系の爽やかな香を感じられ、暑くなる季節にはのど越の良い、冷して味合うお酒として食事、食欲を引き立てる生貯蔵タイプの定番清酒です。

岐阜県 奥飛騨酒造株式会社(旧髙木酒造)

吟醸酒と厳選メニュー