TOP > 地酒用語集 > 一覧

会員サイト

入会特典

・「いい酒のめーる」の購読
・唎酒会やイベントへのご案内
・検定やサイト機能の利用
・マナベル度の獲得

会員登録

すでに会員の方はこちら

ログイン

地酒の用語集

あなたの地酒の知識を増やしましょう

  • 地酒用語集

みんなで作る地酒情報

お奨めの地酒や肴・お店をみんなに教えてあげよう!

  • 地酒ぐるめ大百科
地酒蔵元会利酒会 イベントの様子はこちら
地酒川柳募集キャンペーン
地酒川柳優秀作品アーカイブ
地酒蔵元会公式チャンネル

地酒用語集

頭文字 「き」
全14件中 1~ 10件目
<<最初 | <前へ | 1 | 2 | 次へ> | 最後>>
カテゴリー:地酒の酒類について
生一本 【きいっぽん】
米、米麹、および水を原料とし、一カ所の製造所だけで造られた純米酒。「混じり気のない酒」という意味。
カテゴリー:地酒の酒類について
木桶仕込み 【きおけじこみ】
木製の桶を使用して、日本酒を仕込む方法。木の色が付きやすい、空気に触れやすい、液体が漏れやすいとリスクが高いので現在はほとんど使用されていない。しかし、独特の香気を生み出すため、木桶仕込みを復活させる蔵も増えている。
カテゴリー:酒の作法について
利き酒 【ききざけ】
お酒を口に含み、その良し悪しを人の感覚で評価すること。判断基準は色、香り、味などで、通常口に含んだ酒は味わった後に吐く。適した温度は20度前後と呼ばれている。
カテゴリー:地酒の道具
利き猪口 【ききちょく】
利き酒用の容器。通常白色の磁器製で、内部底面に暗コバルト色の蛇の目模様が入っていて、澄明度と色の判定を分かりやすくしている。
カテゴリー:その他
菊酒 【きくざけ】
重陽の節句(旧暦の九月九日)いわゆる「菊の節句」に飲む、菊の花を浸した日本酒のこと。
カテゴリー:地酒の酒類について
貴醸酒 【きじょうしゅ】
酒を仕込む際、仕込み水の半量、または、その一部に清酒を用いて造られるお酒。濃厚な甘口の風味が特徴で、通常食前酒として飲まれる。
カテゴリー:地酒の原料
生酛系酒母 【きもとけいしゅぼ】
蔵内に生息する乳酸菌を取り込み、繁殖させて乳酸菌を得る古来からの方法。酒母になるまでの所要期間は約1ヶ月。酒母になるまでの工程に多くの手間が掛かり、醗酵段階も完全醗酵させることから時間が掛かる。高い技術と労力が必要とされる手法だが、成功すればしっかりした味わいの日本酒が完成する。作業工程の違いにより生酛、山廃酛の二つに分類される
カテゴリー:地酒の酒類について
生酛造り 【きもとづくり】
低温下で麹、蒸し米、水を底の浅い桶に入れて櫂ですりあわせ、手数をかけながら乳酸の増殖、発酵を促すこと。これにより、自然の乳酸菌が造られ、強酸性下で雑菌を抑えながら、力強い優良な酵母を多量に育てる事ができる。
カテゴリー:地酒の原料
協会9号(熊本酵母) 【きょうかいきゅうごう(くまもとこうぼ)】
華やかな芳香があり、7号より酸少なく、短期醪になりやすいので、吟醸酒用酵母として多く使用されている。
カテゴリー:地酒の原料
協会7号(真澄酵母) 【きょうかいななごう(ますみこうぼ)】
芳香がよく、発酵力が強い。酒質も優秀なため、最も多く使用されている酵母である。
全14件中 1~ 10件目
<<最初 | <前へ | 1 | 2 | 次へ> | 最後>>