TOP > 蔵元紀行 > 古澤酒造 > お宝紹介

会員サイト

入会特典

・「いい酒のめーる」の購読
・唎酒会やイベントへのご案内
・検定やサイト機能の利用
・マナベル度の獲得

会員登録

すでに会員の方はこちら

ログイン

蔵元紀行

北海道

東北

関東・甲信越

中部・北陸

近畿

中国

四国

九州

地酒の用語集

あなたの地酒の知識を増やしましょう

  • 地酒用語集

みんなで作る地酒情報

お奨めの地酒や肴・お店をみんなに教えてあげよう!

  • 地酒ぐるめ大百科
地酒蔵元会利酒会 イベントの様子はこちら
地酒川柳募集キャンペーン
地酒川柳優秀作品アーカイブ
地酒蔵元会公式チャンネル
“男前女子”のニュー旅スタイル 飲み旅本。

古澤酒造株式会社 ~お宝紹介

仕込み蔵

古澤酒造資料館には、蔵元の歴史を語る貴重なコレクションが展示されている。
このスペースは、大正6年(1917)に建築された仕込み蔵を改修し、昭和58年(1983)から無料で一般公開している。
三代目・古澤 徳治の開発した「澤式精米機」や巨大な木桶、甕のほか、珍品の酒道具など出羽の酒造りの憧憬にあふれた空間は、多くの日本酒ファンを魅了している。
また、蔵出しの酒を試飲・販売するコーナーも常設しており、観光客に好評となっている。

2000リットルの大甕

2000リットルの大甕

大正5年(1916)陶磁器メーカーの高山耕山によって作られた、2000リットル入りの大甕。
高山耕山は、明治10年(1877)に京都の陶芸家が起こした企業で、近代技術を駆使して陶磁器を製造・普及させ、現在も操業している。
古澤酒造では、新酒の品質を安定させるために、この甕を冷たい土中に埋めて保存・熟成させた。

日本初の東芝製冷蔵庫

日本初の東芝製冷蔵庫

こちらも昭和5年(1916)に、日本で始めて製造・発売された東芝製の冷蔵庫。
三代目の徳治が酵母を保存するために、大枚740円で購入した。当時の家一軒に相当する金額である。
上部の巨大なサーモスタットが、レトロな昭和時代と近代科学の幕開けを髣髴とさせる。

縦型 澤式精米機

縦型 澤式精米機

三代目・徳治が開発した傑作「澤式精米機」。
旧来の横型精米機に比べ磨き歩合が飛躍的に向上し、これを十数台使用することによって、幾多の賞賛を受ける美酒を醸した。
現在の精米機の臼に比べるとサイズは3割ほどの大きさだが、当時としては驚異の大発明だった。