TOP > 蔵元紀行 > お福酒造 > お宝紹介

会員サイト

入会特典

・「いい酒のめーる」の購読
・唎酒会やイベントへのご案内
・検定やサイト機能の利用
・マナベル度の獲得

会員登録

すでに会員の方はこちら

ログイン

蔵元紀行

北海道

東北

関東・甲信越

中部・北陸

近畿

中国

四国

九州

地酒の用語集

あなたの地酒の知識を増やしましょう

  • 地酒用語集

みんなで作る地酒情報

お奨めの地酒や肴・お店をみんなに教えてあげよう!

  • 地酒ぐるめ大百科
地酒蔵元会利酒会 イベントの様子はこちら
地酒川柳募集キャンペーン
地酒川柳優秀作品アーカイブ
地酒蔵元会公式チャンネル
“男前女子”のニュー旅スタイル 飲み旅本。

お福酒造株式会社 ~お宝紹介

牧野藩奉行所へ参上する際の家紋入り陣笠

牧野藩奉行所へ参上する際の家紋入り陣笠

岸家は、長岡でも屈指の肝煎り庄屋。地元から山古志村までの数十カ村を束ねる大庄屋の役目を、牧野藩より賜っていた。ゆえに岸家は、武士と同等の身分に扱われていたと推察できる。
この陣笠は、奉行所等など牧野藩の公の場へ参上する際に被った物。岸家の当主が、苗字佩刀を許され、“月代(さかやき)に髻(もとどり)”の髪型であったことが窺える。

北越戊辰戦争の名残り火縄銃

北越戊辰戦争の名残り火縄銃

岸家に残る2丁の火縄銃。型を見ると、戊辰戦争時に薩長軍の主力であったゲベール銃やスナイドル銃とは異なる旧式で、いわゆる種子島銃である。
河井継之助による北越戊辰戦争が勃発した際、薩長軍は長岡の民家にも火を放ち、略奪や襲撃が横行して、数百人が亡くなったと記録されている。
おそらくは、それに備える防衛手段として家人が確保していたのだろう。

岸 五郎の愛用した顕微鏡

岸 五郎の愛用した顕微鏡

渋味のある輝きとズッシリとした手ごたえが年代を感じさせる、真鍮製の顕微鏡。
創業者・岸 五郎は、この顕微鏡を愛用し、日本酒醸造研究における大発明「乳酸菌を応用した速醸」の原点を見つけ出した。
ボディーに刻まれたブランドから、ドイツ製品であることが読み取れる。