TOP > 蔵元紀行 > 国稀酒造 > お宝紹介

会員サイト

入会特典

・「いい酒のめーる」の購読
・唎酒会やイベントへのご案内
・検定やサイト機能の利用
・マナベル度の獲得

会員登録

すでに会員の方はこちら

ログイン

蔵元紀行

北海道

東北

関東・甲信越

中部・北陸

近畿

中国

四国

九州

地酒の用語集

あなたの地酒の知識を増やしましょう

  • 地酒用語集

みんなで作る地酒情報

お奨めの地酒や肴・お店をみんなに教えてあげよう!

  • 地酒ぐるめ大百科
地酒蔵元会利酒会 イベントの様子はこちら
地酒川柳募集キャンペーン
地酒川柳優秀作品アーカイブ
地酒蔵元会公式チャンネル
“男前女子”のニュー旅スタイル 飲み旅本。

国稀酒造株式会社 ~お宝紹介

日下部 鳴鶴が揮毫した、丸一本間合名会社 看板

日下部 鳴鶴が揮毫した、丸一本間合名会社 看板

国稀酒造㈱の創業者・本間 泰蔵の遺産には、国の重要文化財から増毛町の文化財まで数多くの逸品が残されている。中でも、泰蔵は書への造詣が深く、明治期の三大書家と謳われた「長 三州(ちょう さんしゅう)」「厳谷 一六(いわや いちろく」「日下部 鳴鶴(くさかべ めいかく)」と交流し、増毛町にも招いている。
その一人である日下部 鳴鶴が、明治35年(1902)の丸一本間合名会社の創設に際して揮毫した看板である。

旧商家丸一本間家の、比田井 天来の『長楽萬隼』

旧商家丸一本間家の、比田井 天来の『長楽萬隼』

比田井 天来(ひたい てんらい)は、長野県出身の明治期の墨客。「現代書道の父」とも呼ばれ、全国を吟遊した浪漫人でもあった。『長楽萬隼』の揮毫に、増毛町へ逗留した天来を美禄でもたなした本間 泰蔵への礼儀が窺える。
崇高な作品に、商いと算術のみならず、芸術家との仁術にも長けていた泰蔵の人となりを偲ぶことができる。

本間 泰蔵の手帳

本間 泰蔵の手帳

四代目の林 眞二 社長と花織 取締役が古い収蔵品を整理していた際に偶然見つけた、初代・泰蔵の手帳。明治初期から大正時代まで、折々に記した事細かな情報からは、「小股をかく」泰蔵の如才なさを実感する。