生貯蔵酒特集

2019 年6月

厳選メニューと生貯蔵酒

暑い初夏には 旬の料理と生貯蔵酒

生貯蔵酒とは

生貯蔵酒とはもろみを搾った後、<火入れ>をせずに生のまま貯蔵したお酒です。火入れは酒の中にある酵母の働きを止めたり、殺菌をするための工程で、貯蔵する前と瓶詰め前の2回が通常ですが、生貯蔵酒は瓶詰め前の1回のみ行います。そのため、香りが華やかに広がり、爽やかなのど越しです。フレッシュな味わいが魅力なので、手に入れたら早めに飲むのがベスト。蒸し暑いこの時期、キュッと冷やした生貯蔵酒で涼をとって。

今月の肴

地酒に合う料理長の厳選メニュー

夏野菜のかき揚げ

夏野菜のかき揚げ

さっぱりと美味しい夏野菜

ミニトマト、アボガド、ナス、カボチャ、玉ねぎといった代表的な夏野菜のかき揚げとなります。塩味で味付けがしてあり、そのままでも天つゆでも。

落とし鱧

落とし鱧

新鮮な鱧が地酒で踊る

和歌山県産の天然の新鮮な鱧。伝統的な煎酒にてお召し上がりください。お酒がとっても合いますよ。

いずみ鶏の炭火焼き

いずみ鶏の炭火焼き

初夏を乗り切る翼になる

ボリュームある鹿児島県ブランドのいずみ鶏。初夏らしく実さんしょうの佃煮が上に乗っており、食べやすさに味わいが身に染みてきます。

今月の地酒

今が飲み頃の地酒3銘柄をセレクト

生貯蔵酒と厳選メニュー