原酒特集

2020年7月

厳選メニューと原酒

爽やかな原酒と料理 最高の夏を味わい尽くそう

原酒とは

一般的にお酒は「もろみ」を搾った後に水を加えてアルコール度を調整します。しかし原酒の場合は、その加水調整を行いません。ですから、原酒の場合はアルコール度が他と比べて高めなのが特徴です。原酒は濃醇な味わいで、日本酒本来の旨みが楽しめるといえますね。また、夏の風物詩である鰻の蒲焼や煮穴子などとも相性がよく、氷などを使ってオンザロックで飲む原酒も美味しいものです。暑い夏などにおすすめの飲み方のひとつですね。

今月の肴

地酒に合う料理長の厳選メニュー

稚鮎の天ぷら

稚鮎の天ぷら

夏を感じる爽やかなマリアージュ

静岡県産の新鮮な天然の稚鮎を、優しく天ぷらで揚げました。稚鮎のホロ苦さが原酒と相性良く、口の中に爽やかな夏を感じることでしょう。

いずみ鶏の竜田揚げ

いずみ鶏の竜田揚げ

梅雨の終わりの最高の一杯

鹿児島県産のブランド鶏、いずみ鶏を竜田揚げにしました。原酒の芳醇な味わいと合う強い味わいは、梅雨の終わりの最高の一杯に。

鰻の棒寿司

鰻の棒寿司

この夏一番の鰻寿司

夏には欠かせない旬の鰻です。今回お米にこだわっており、酢飯にごま、大葉、ミョウガの甘酢漬けを混ぜました。最高のハーモニーをお召し上がりください。

今月の地酒

今が飲み頃の地酒3銘柄をセレクト

原酒と厳選メニュー

「歳時記」とは?

国分ビル1階にあるダイニングバー「ニホンバシイチノイチノイチ」とコラボレーション。
今月イチオシの”地酒”と、今が旬な地酒にぴったりな”肴”をお届けします。

アーカイブ

archive