純米吟醸特集

2019年5月

厳選メニューと純米吟醸

令和を祝う美しき地酒と旬の料理

純米吟醸とは

精米歩合60%以下の米・米麹に、既定の範囲内の醸造用アルコールを加え、低温でゆっくりと発酵させる「吟醸酒」。その"吟醸造り"という手法を用いて、醸造用アルコールを加えず、米・米麹・水だけで作る「純米酒」で造られたお酒が「純米吟醸」です。時間と手間とコストはかかりますが、その分香り豊かで上品な味わいなので、おもてなしなどの人が集まるシーンで出せば、テーブルが一段と華やぐはずです。

今月の肴

地酒に合う料理長の厳選メニュー

そら豆のコロッケ

そら豆のコロッケ

絶妙なハーモニーの味わい

旬の野菜である国産のそら豆を使い、じゃがいもとパルメザンチーズで作りました。トリフオイルの香りがたまりません。

真鯛の木の芽焼き

真鯛の木の芽焼き

食べごたえある旬の真鯛

国産の真鯛を醤油、味醂、酒で漬けました。漬けたものを炭火焼きし上に木の芽を散らしました。ソースも木の芽と白味噌で甘めに仕上げています。

稚鮎の天ぷら

稚鮎の天ぷら

純米吟醸で泳ぐ本物の稚鮎

天然の稚鮎をさっぱり塩味で。稚鮎の味わいが口の中に溢れてきます。お祝いらしく飾りにはタラの芽を。

今月の地酒

今が飲み頃の地酒3銘柄をセレクト

純米吟醸と厳選メニュー

「歳時記」とは?

国分ビル1階にあるダイニングバー「ニホンバシイチノイチノイチ」とコラボレーション。
今月イチオシの”地酒”と、今が旬な地酒にぴったりな”肴”をお届けします。

アーカイブ

archive