大吟醸特集

2023年1月

厳選メニューと大吟醸

華やかな香り溢れる 大吟醸で新年を祝おう

大吟醸とは

大吟醸酒とは精米歩合50%以下の酒米を使用した日本酒。醸造アルコールを用いた「本醸造系」と、米の旨みを生かした「純米系」に分けられます。精米歩合60%以下の吟醸酒に比べると、米の芯に近いところを使うので、味わいはよりフルーティで香りも華やか。蔵人の力を結集し、最高の酒米を極限まで磨き上げて作るため、数量を限定して生産する蔵元も多く、その希少性の高さと味のレベルの高さから”地酒の最高峰”とも言われています。

今月の肴

地酒に合う料理長の厳選メニュー

茄子の味噌電楽

茄子の味噌電楽

祝い酒が止まらなくなる一品

新鮮な茄子を味噌電楽でお召し上がりください。 さっぱりした茄子の味わいと、甘めに作った独自の味噌の味わい、 大吟醸の淡麗な味わいにとっても合います。 この1品でもお酒がとっても進みますよ。

真鯛の刺身

真鯛の刺身

味わいと香りのマリアージュ

愛媛県産の新鮮な真鯛のお刺身です。 ご用意したレモン醤油は生臭さを消すだけでなく、 その香りは大吟醸のフルーティーな香りとよく合い、 口の中で香りのマリアージュを溢れさせます。

かに玉

かに玉

特製の餡かけで最高のかに玉

お店オリジナルのこだわりの餡かけを作りました。 甘みと酸味があり、大吟醸にとてもよく合います。 かに玉はボリュームがあり、お腹も満足しますよ。 寒い冬ですがしっかり食べて、新年を元気に過ごしましょう。

今月の地酒

今が飲み頃の地酒3銘柄をセレクト

大吟醸と厳選メニュー

アーカイブ

archive