冷や卸特集

2019年10月

厳選メニューと冷や卸

女性に人気のひやおろし 秋の味わいと夜風を感じて

冷や卸とは

その昔、お酒を瓶に詰めて出荷する前の加熱殺菌は、大鍋にお湯を溜め、瓶ごと浸けて行なっていました。中のお酒の温度が62℃ぐらいになるので、蔵人の手は熱で剥け大変でした。秋になると暑さも和らぎ、加熱殺菌をしなくても『冷や(そのまま)で出荷(卸し)』できるようになります。これが『ひやおろし』の語源です。穏やかな香り、滑らかな味コクは、秋の味覚と相性抜群。秋の夜長を、旬の食材と旬の日本酒をあわせて楽しんでみてはいかが?

今月の肴

地酒に合う料理長の厳選メニュー

黒バイ貝の旨煮

黒バイ貝の旨煮

地酒がよく合う味わいと食感

国産の黒バイ貝を醤油ベースで味付け、ほんのり甘みがありコリコリした食感は、日本酒の旨味とよく合います。

さんまの炭火焼き

さんまの炭火焼き

秋を代表するお酒と料理

北海道産さんまの炭火焼き。淡麗な地酒にはお魚がよく合います。秋といえば、ひやおろしとさんまですね。

秋鮭とキノコのほう葉味噌焼き

秋鮭とキノコのほう葉味噌焼き

三拍子揃った秋料理

旬の食材である秋鮭とキノコ。味噌の味わいがよく染み込んでおり、ほう葉の香りが秋を感じさせます。

今月の地酒

今が飲み頃の地酒3銘柄をセレクト

今が飲み頃の冷や卸3銘柄

ひやおろしの上善如水 純米吟醸

新潟県産の越淡麗を使用。夏の熟成期間を経たまろやかで深みのある味わいのお酒です。

新潟県 白瀧酒造株式会社

神鷹 純米ひやおろし

寒造りの新酒を瓶詰め後冷房蔵に半年間熟成させました。丸みとコクのある味わいが特長です。

兵庫県 江井ヶ嶋酒造株式会社

冷や卸と厳選メニュー

「歳時記」とは?

国分ビル1階にあるダイニングバー「ニホンバシイチノイチノイチ」とコラボレーション。
今月イチオシの”地酒”と、今が旬な地酒にぴったりな”肴”をお届けします。

アーカイブ

archive