にごり酒特集

2020 年11月

厳選メニューとにごり酒

日本ならではの冬を 地酒と料理で堪能する

にごり酒とは

清酒を造る行程で本仕込により発酵を終えたもろみを圧搾してこします。この行程で粗くこすことにより、米の固体部分が残った、白く濁ったままの地酒が誕生します。これが「にごり酒」です。とろーりタイプからさらっとタイプまで各蔵元によってさまざまな造りがあります。近年ではカクテルのベース酒としても活躍しています。米のうまみを感じながらじっくり呑むもよし、カクテルにしてさっぱり呑むもよし、好みにあった楽しみ方をどうぞ。

今月の肴

地酒に合う料理長の厳選メニュー

ハモの卵とじ

ハモの卵とじ

口の中踊るハーモニー

愛知県三河湾産のハモを、玉ねぎと一緒に卵とじにしました。味が染み込んでおり甘みがある中、セリと山椒のアクセントと香りが、にごり酒とよく合います。

おでん

おでん

染み渡る美味しさ

卵、大根、ちくわ、こんにゃく。昆布ベースのお出しのおでんです。さっぱりとした味わいが、米の味わい豊かなにごり酒にピッタリ、身体の隅々まで染み渡る美味しさです。

サワラの柚庵焼

サワラの柚庵焼

日本の冬を味わう

愛知県産のサワラを柚庵焼にしました。醤油、みりん、酒にお魚と柚子を漬けたものを、柚庵焼と呼びます。冬を感じさせる、サワラ、柚子、にごり酒。至福のひとときをご堪能ください。

今月の地酒

今が飲み頃の地酒3銘柄をセレクト

にごり酒と厳選メニュー