TOP > 地酒用語集 > 一覧

会員サイト

入会特典

・「いい酒のめーる」の購読
・唎酒会やイベントへのご案内
・検定やサイト機能の利用
・マナベル度の獲得

会員登録

すでに会員の方はこちら

ログイン

地酒の用語集

あなたの地酒の知識を増やしましょう

  • 地酒用語集

みんなで作る地酒情報

お奨めの地酒や肴・お店をみんなに教えてあげよう!

  • 地酒ぐるめ大百科
地酒蔵元会利酒会 イベントの様子はこちら
地酒川柳募集キャンペーン
地酒川柳優秀作品アーカイブ
地酒蔵元会公式チャンネル

地酒用語集

頭文字 「た」
全7件中 1~ 7件目
カテゴリー:地酒に関わる人
但馬杜氏 【たじまとうじ】
美方郡を中心とした兵庫県北部を拠点とした但馬杜氏。この辺りは冬季の積雪が多く農業を行えないため、古くから出稼ぎとして酒造業に携わる人が多かった。杜氏数は南部杜氏・越後杜氏に次いで多い。
カテゴリー:地酒の道具
樽 【たる】
鎌倉時代末から室町時代初頭の14世紀頃登場した、液体やバラ荷の貯蔵、運送に使われる道具。長方形の杉材を竹材のたがで円形に結って容器としたもの。清酒の熟成には樽の杉の香りが重要視された。
カテゴリー:地酒の酒類について
樽酒 【たるざけ】
杉製の樽に一定期間貯蔵され杉の木香がついたお酒。樽詰めのまま出荷されるものと、樽から瓶に詰められて商品化されるものがある。
カテゴリー:地酒の酒類について
大吟醸酒 【だいぎんじょうしゅ】
精米歩合50%以下の白米、米麹、水、醸造アルコールを原料とし、吟味して製造した清酒で、固有の香味および色沢が特に良好なもの。
カテゴリー:地酒に関わる人
大師(麹師) 【だいし(こうじし)】
麹用蒸米の取込み、麹室仕事一切をする人のこと。
カテゴリー:地酒の酒類について
濁酒 【だくしゅ/どぶろく】
清酒と同じように醪を造り、これをこさずにそのまま飲む酒、あるいは、目の粗い布などでこした酒のことで、中には米粒や麹がそのまま入っている。清酒酵母が生きていて炭酸ガスを含んでいる。
カテゴリー:地酒の道具
暖気樽 【だんきたる】
打瀬のあと糖化酵素の活性を高め、乳酸菌の増殖を促進するために使用する。酒母を加温するために中に湯を入れて栓が出来るようになっている樽。昔は木製のものが主流であったが、現在はアルミニウム・ステンレス製のものが多い。
全7件中 1~ 7件目