TOP > 蔵元紀行 > 小嶋総本店 > お宝紹介

会員サイト

入会特典

・「いい酒のめーる」の購読
・唎酒会やイベントへのご案内
・検定やサイト機能の利用
・マナベル度の獲得

会員登録

すでに会員の方はこちら

ログイン

蔵元紀行

北海道

東北

関東・甲信越

中部・北陸

近畿

中国

四国

九州

地酒の用語集

あなたの地酒の知識を増やしましょう

  • 地酒用語集

みんなで作る地酒情報

お奨めの地酒や肴・お店をみんなに教えてあげよう!

  • 地酒ぐるめ大百科
地酒蔵元会利酒会 イベントの様子はこちら
地酒川柳募集キャンペーン
地酒川柳優秀作品アーカイブ
地酒蔵元会公式チャンネル
“男前女子”のニュー旅スタイル 飲み旅本。

株式会社小嶋総本店 ~お宝紹介

創業410余年を語る  酒造り甕

創業410余年を語る  酒造り甕

天正18年(1590)、孫兵衛の造った「古備前焼猩々甕」。
甕の上部に小嶋総本店の銘があることから、創業当時(1597)、この甕を使って酒を造っていたとみられる。
重要美術品の認定も受けていて、高さは106cm、最大内径83cmもある。
何ゆえ、岡山の備前焼がこの米沢にあるのかは謎に包まれたままだが、日本酒ロマンを掻き立てる逸品である。

小嶋家家紋入り 袖樽

小嶋家家紋入り 袖樽

小嶋家に代々伝わる袖樽。結納、結婚などの慶祝事の際、この容器に酒を入れ、贈呈した。いわば人間の紋付き、袴に相当する、酒の礼服と言える。