TOP > 蔵元紀行 > 石川酒造 > プロローグ

会員サイト

入会特典

・「いい酒のめーる」の購読
・唎酒会やイベントへのご案内
・検定やサイト機能の利用
・マナベル度の獲得

会員登録

すでに会員の方はこちら

ログイン

蔵元紀行

北海道

東北

関東・甲信越

中部・北陸

近畿

中国

四国

九州

地酒の用語集

あなたの地酒の知識を増やしましょう

  • 地酒用語集

みんなで作る地酒情報

お奨めの地酒や肴・お店をみんなに教えてあげよう!

  • 地酒ぐるめ大百科
地酒蔵元会利酒会 イベントの様子はこちら
地酒川柳募集キャンペーン
地酒川柳優秀作品アーカイブ
地酒蔵元会公式チャンネル
“男前女子”のニュー旅スタイル 飲み旅本。

石川酒造株式会社 ~プロローグ

ゆるやかな多摩川の流れに、篠つく雨が波紋を広げます。
堤防には、武蔵野地域の桜名所として知られる「多摩川堤の桜並木」が伸びていますが、花冷えの今は、固い蕾をつけて満開となる春を待ちわびています。
福生市は、多摩川の東側を南北に横たわるように広がっています。つまりは、いにしえの頃より、多摩川とは切っても切れない関係にあったわけです。福生市を含む武蔵野には、この流れを生かした清らかな「玉川上水」が通過しています。この玉川上水は、承応2年(1653)に作られた「江戸の水道」。徳川幕府が開かれ50年も経つと江戸の人口が急増し、それまで庶民の暮らしをまかなっていた「神田上水」だけでは不足し始めたのです。
そこで幕府は、多摩川を生かした上水開削工事に着手しました。土地に詳しく、水利事業に長けていた多摩川沿岸の住人・庄右衛門・清右衛門の兄弟に、7500両もの大金を与えて普請させます。
起伏の多い多摩地方から武蔵野方面の工事は、並大抵のものではなかったようですが、完成後も流域各地で用水路が継ぎ足され、多摩の痩せた土地を肥沃な耕地に変えることもできたのです。

また、多摩川の大らかな本流は、奥多摩地方から切り出した木材の運搬にも生かされました。
そして、昭和37年(1962)には東京の水瓶と呼ばれる「小河内ダム」が完成し、多摩の先達たちの功績は大事業につながったのです。
実は、今回訪問する石川酒造株式会社にも「玉川上水」が引き込まれ、地名から取った「熊川分水」と名付けられています。蔵元・石川家の先祖は、福生市界隈の多摩川の治水・灌漑事業にも大きく貢献しているそうです。

さて、福生を含む武蔵野地域が歴史の表に現れるのは、平安から鎌倉の時代にかけてのことです。平安時代には、京都の公家たちに荘園として領されていましたが、承平6年(936)頃に坂東地方で発生した“平 将門(たいらのまさかど)の乱”以後、自らの土地を自らの手で守ろうとする土豪たちの動きが活発化。いわゆる武士の時代の魁が、武蔵野でも活躍し始めるのです。
当時の武蔵野は、「武蔵七党」と呼ばれる地侍的な結束集団によって支配されていました。室町時代中期の文書・節用集には、丹治、私市、児玉、猪俣、西野、横山、村山の七党が記されています。鎌倉時代から室町時代にかけては、これらの各党が和平協定や相互扶助を持ちながらも、画策、謀略を繰り返し、拮抗していました。
戦国時代に入ると、福生界隈は小田原の戦国大名・北条氏の支配を受けます。近郊の八王子(現在の東京都八王子市)に北条 氏照(ほうじょう うじてる)の居城が築かれました。この北条 氏照は、北条 早雲(ほうじょう そううん)より二代後の北条 氏康の次男です。

氏照は、早くから居城を八王子へ移したかったようです。その理由は、当時の八王子には“市”が栄え、経済的に豊かであり、伝統的な寺院、神社を有する門前町でもあったからでした。また、鎌倉街道や甲州街道が集まる要衝でもあり、軍事的拠点でもありました。
しかし、天正18年(1590)北条氏に悲劇が訪れます。
時代はすでに天下統一を目前にした豊臣 秀吉の手中にありましたが、北条氏は上洛要請に応じず、ついに秀吉軍は小田原へ向けて出陣します。世に言う「小田原攻め」です。
八王子城は完膚無きまでに叩かれ、たった1日で落城しました。見せしめの意味をこめて、秀吉が情け容赦の無い戦を命じたため、北条方の武将はほとんどが戦死、自害しています。あまりの残虐さに、小田原城で八王子城の悲報を聞いた北条 氏照は、床を叩いて号泣したと言います。
この八王子城の陥落が北条軍の志気を失わせ、7月には開城。北条 氏照は、兄の氏政ともに切腹しています。

しかし、戦の時代が終わり江戸時代に入ると、武蔵野は徳川家の天領として擁護されます。江戸と信越、甲州方面を結ぶ街道沿いの村落は、玉川上水のお蔭で、作封地から農耕地へと変貌し、江戸の人々の暮らしに大きな恵みをもたらしています。
そのためか、神仏・自然神などを崇める神社仏閣、御神木が、そこかしこに残されています。ちなみに、福生市は太平洋戦争での爆撃罹災が無く、古い屋敷、土蔵、土塀などを多く目にすることができます。
この「熊川神社」は、桃山時代の木造建築。東京都指定有形文化財である本殿の大屋根と境内の石畳、鬱蒼とした林には、500年前の壮厳な雰囲気が漂っていました。閑としたしじまに響く、拍手の音。真摯に頭を垂れる夫婦の姿が、往時の光景を偲ばせます。
また福生市は、かつて各集落で鎮守社として崇められていた七神の合社「神明社」を残しています。大きな鳥居をくぐると境内には梅や桜、楠の大木が茂り、季節ごとに地元の人たちへ安らぎを与えているようです。
また、このほかにも福生の街中を歩けば、古い瓦屋根を覆うように巨木たちが見え隠れするのです。

そんなゆかしい風景に浸りながら散策していると、突然、耳を劈くような轟音が降ってきました。何事かと空を見上げれば、U.S.AIRFORCEの文字がハッキリと見えるほど、すぐ目の前に機体が浮かんでいます。
信じがたい光景ですが、それはまぎれもなく最新鋭の米軍機。思わず筆者は、「そうか、ここは横田基地の町だ!」と、夢想から現実に引き戻されたのです。
横田基地は福生市の東北部に位置し、市の行政面積の約32%を占めています。鉄条網で覆われた広大な土地には、米軍兵士たちやその家族が生活するためのあらゆる施設が整えられています。

ここは沖縄県の嘉手納基地、青森県の三沢基地とならぶ米空軍基地の一つです。当初は昭和15年(1940)旧日本陸軍立川飛行場の付属飛行場として開設され、“多摩飛行場”と呼ばれていました。
太平洋戦争中は日本の主要な航空機の試験場で、終戦直後には180機以上の最新鋭機が格納されていたそうです。ちなみに横田の名称は、当時の飛行場の北東にあった小さな村の名に由来しています。
横田基地周辺には、エキゾティックな空気が満ちています。「ルート16」と呼ばれる16号線沿いには、英語表示のアメリカンスタイルのショップ、バーが立ち並び、行き交うのも米軍関係の人たちが多いようです。
店先で親しげに「ハロー!ハゥアーユー」と言葉を交わす、日本人のオバサンと米軍兵士。ちょっとインタビューしてみると、「福生の町では、みんなフレンドなのよ」と笑顔で親指を立てて答えてくれました。

武蔵野の風土、多摩の清らかな水、そしてエキゾティックなシーン……さまざまな福生の変貌を見守ってきた多摩川。その清冽な流れとともに、石川酒造は歩んできました。
重厚かつ広大な蔵棟、風格ある土壁の長屋門はまったく無傷のままで、そのほとんどが有形文化財に指定されています。また、高さ20メートル以上も聳えている一対の大欅は、樹齢500年。「夫婦欅(めおとけやき)」と呼ばれ、町のシンボルにもなっています。
地域に密着し、地元の誇りと賞賛されている銘酒・多満自慢。その味わいには、どんな魅力が秘められているのでしょうか。
春の訪れももうすぐ……多摩川沿いの美しい桜を想いながら、その名酒物語をじっくりと楽しむことにしましょう。