TOP > 蔵元紀行 > 江井ヶ嶋酒造 > お宝紹介

会員サイト

入会特典

・「いい酒のめーる」の購読
・唎酒会やイベントへのご案内
・検定やサイト機能の利用
・マナベル度の獲得

会員登録

すでに会員の方はこちら

ログイン

蔵元紀行

北海道

東北

関東・甲信越

中部・北陸

近畿

中国

四国

九州

地酒の用語集

あなたの地酒の知識を増やしましょう

  • 地酒用語集

みんなで作る地酒情報

お奨めの地酒や肴・お店をみんなに教えてあげよう!

  • 地酒ぐるめ大百科
地酒蔵元会利酒会 イベントの様子はこちら
地酒川柳募集キャンペーン
地酒川柳優秀作品アーカイブ
地酒蔵元会公式チャンネル

江井ヶ嶋酒造株式会社 ~お宝紹介

明石藩が発行した酒造株の鑑札

明石藩が発行した酒造株の鑑札

延宝7年(1679)明石藩が卜部 八兵衛に発行した、酒造株の鑑札。「明石領」の焼印など、非常にきれいな状態で残っている逸品である。 当時の卜部家石高は、50石に定められていた。

日本で初めて卜部兵吉が考案した手製ガラスの酒瓶

日本で初めて卜部兵吉が考案した手製ガラスの酒瓶

何事にも先見の明を持っていた卜部 兵吉は、品質保証と商品への信頼を確保するために、 明治32年(1899)全国で初めて、ガラス瓶による酒販売を始めた。 いち早く西洋技術を導入し、自社内にガラス工場を設置。口吹きによる手作りガラス瓶は、底に盃をはめこむアイデアで大ヒットした。

往年の名選手が蔵元見学 読売巨人軍のサイン

往年の名選手が蔵元見学 読売巨人軍のサイン

昭和27年(1952)2月20日、明石でキャンプ中だったプロ野球・読売巨人軍が江井ヶ嶋酒造を訪れている。 水原 茂 監督以下、川上 哲治、青田 昇など往年の名選手が招待され、搾りたての神鷹のきき酒を楽しんだ。その折に、感謝の意を表して書かれた選手全員のサイン。