TOP > 蔵元紀行 > 妙高酒造 > プロローグ

会員サイト

入会特典

・「いい酒のめーる」の購読
・唎酒会やイベントへのご案内
・検定やサイト機能の利用
・マナベル度の獲得

会員登録

すでに会員の方はこちら

ログイン

地酒蔵元会で紹介する日本酒がネットで買える!
蔵元紀行

北海道

東北

関東・甲信越

中部・北陸

近畿

中国

四国

九州

地酒の用語集

あなたの地酒の知識を増やしましょう

  • 地酒用語集

みんなで作る地酒情報

お奨めの地酒や肴・お店をみんなに教えてあげよう!

  • 地酒ぐるめ大百科
地酒蔵元会利酒会 イベントの様子はこちら
地酒川柳募集キャンペーン
地酒川柳優秀作品アーカイブ
地酒蔵元会公式チャンネル

妙高酒造株式会社 ~プロローグ

真冬ともなれば鉛色の怒涛が打ち寄せ、“波の華”が舞う上越の海。しかし、「船見公園」から眺める海原は夏の光芒に輝き、どこまでも碧くたゆたっています。彼方に霞むのは、佐渡ヶ島でしょうか。
船見公園に隣接する直江津港は、かつては北前船の着く港町で、古くから上越の海運と漁業を支えてきました。今でも市内で恒例となっている朝市では、新鮮な日本海の幸をふんだんに買い求めることができます。
そして、遥か南を望めば、「上越富士」たる妙高山が緑に萌えています。
その麓にある妙高高原の「赤倉」や「池の平」は、夏の避暑、冬のスキーリゾートで人気のスポット。澄んだ空気と清冽な水が、都会人の心身を癒しています。

「上越」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、“川中島の戦い”で知られる越後の覇者・上杉 謙信(うえすぎ けんしん) でしょう。
上杉 謙信は、享禄3年(1530)越後の守護代・長尾 為景(ながお ためかげ)の末子として生まれました。幼名は「虎千代」。家督権のない虎千代は、幼くして出家の道を選ばされています。毘沙門天を生涯崇拝した理由はここにあり、また母親の「虎御前」は、熱心な観音菩薩の信者でした。

しかし、当時の越後は応仁の乱以後の群雄割拠に巻き込まれ、戦乱のさなかにありました。一族・国人同士の争いが絶えず、為景の嫡男・長尾 晴景(ながお はるかげ)は虎千代を「長尾 景虎(ながお かげとら)」として還俗させ、旗下に利用しようと謀ります。
ところが景虎は、予想以上の華々しい初陣を飾ったのです。やがて家中に景虎擁立の声が強まり、晴景は景虎打倒を企てますが、越後守護・上杉定実の仲裁によって長尾家の家督は景虎に譲られます。こうして戦国大名・長尾景虎(後の上杉謙信)が誕生しました。
市の北西に据わる春日山には、上杉氏の居城・「春日山城」がありましたが、今はその跡に「春日山神社」が建てられています。
また、幼少の虎千代は、城近くの林泉寺の名僧・天室 光育 禅師の教示を授かり、武門と仏門の両立という独自の思想を追究したと伝わっています。その伽藍は、今も春日山の中腹に佇んでいます。

謙信の養子・上杉景勝(うえすぎ かげかつ)は、豊臣秀吉の命に従い、慶長3年(1598)会津120万石(現在の福島県)に国替えとなりました。しかし秀吉亡き後は、徳川家康の会津征伐や関ヶ原の戦いなど、時代の激変に揉まれます。そして、徳川氏の勝利によって、さらに上杉氏は米沢30万石へと減封されるのです。
さて、越後に睨みを効かせたい徳川氏は、親藩大名の「松平忠輝」に上越を与えます。そして、慶長19年(1614)には「高田城」が普請されました。
高田城を築いた理由には、“幕府の命による国役普請を行うことで、有力外様大名の力を削ぐ”という狙いがあったようです。このため、高田城普請の総裁は忠輝の舅である伊達 政宗(だて まさむね)が総裁として陣頭指揮を執りました。
明治19年(1886)明治政府によって取り壊されましたが、現在、城跡は市民の憩う城公園・スポーツ広場として親しまれています。
濠端を桜が染めるシーズンには、往時を彷彿とさせる「三重櫓」がライトアップされ、夜の上越市を美しく演出します。

上越は宗教観の濃い地域でもあります。戦に明け暮れた時代には、一向門徒による抵抗が活発化、織田軍の武将で越州を攻めていた柴田勝家や前田利家を大いに悩ませました。
それほどまで浄土真宗が普及した理由は、承元元年(1207)、かの親鸞上人がここに上陸したためでした。

浄土真宗の開祖・親鸞は、法然上人の“念仏によって悟りを開く”という新たな仏教を師事していました。このため旧来の密教から弾圧を受け、京より追放、越後国府へと流されたのです。
ちなみに、浄土真宗の経典に“海”の字が多く見当たるのは、この地に棲んだことにあるとか。
上陸した海岸付近には、記念碑や小屋の模型が置かれ、親鸞の歩いた方にだけ葉が生えると伝わる「片葉の葦(かたはのあし)」が今も生い茂っています。

近代日本に足跡を残す上越出身の偉人に、“日本郵便の父”と呼ばれる「前島 密(まえじま ひそか)」が挙げられます。上越市では、彼の生家のあった市郊外の下池部に「前島記念館」を設け、その功績を広く市民に公開しています。
前島 密は、天保6年(1835)越後国頸城郡津有村下池部(現在の上越市下池部)に生まれました。医者の息子として医学を志していましたが、蘭学を学ぶ内に西欧文明に触発され、また目まぐるしく変わる幕末に刺激されます。
航海術、砲術などを修得し、各藩の軍艦技術なども指導。また政界にも影響力を及ぼし、慶応2年(1866)には、徳川十五代将軍・徳川慶喜に“漢字御廃止の儀”を提出しています。さらに明治元年(1868)には、大阪へ都を移すことを主張する大久保利通に“江戸遷都”を提唱します。
そして彼がもっとも心血を注いだのが、明治4年(1871)に開始された郵便制度でした。

この前年、前島はイギリスに赴き、西欧の郵便制度をつぶさに観察しています。しかし、それを一気に導入するのではなく、まずは東京、京都、大阪で試験的に展開。何よりも飛脚たちの生活を守るための郵便、逓信制度を考えました。本格的な全国制度はその2年後でした。
今日の日本通運は、この頃、前島の援助も受けて創業したと伝えられています。
晩年まで首都で活躍し、多彩な能力を発揮した彼ですが、故郷・上越の地をこよなく愛していたそうです。

現在の上越市の人口は133,000人。そのほとんどが、スキーを嗜むそうです。近年の都市化・温暖化によって降雪量が減少した上越市ですが、それでも日本有数の豪雪地として知られています。実はこの上越市こそ、日本のスキー発祥の地なのです。
市街を見下ろす金谷山(かなやさん)スキー場には、日本に初めてスキー術を伝えたオーストリアの軍人・テオドール・フォン・レルヒ少佐の銅像が立っています。

明治43年(1910)日露戦争に勝利した日本軍を研究するため来日したレルヒ少佐は、翌44年、陸軍13師団視察のため高田を訪れ、軍用スキー10台を寄贈します。そして、ここ金谷山で軍人へのスキーの指導を行いました。
その後、民間人にも指導し、高田スキー倶楽部を発足させるなど、スキーの普及に貢献しました。
山頂には「スキー発祥記念館」があり、毎年2月中旬には、レルヒ少佐の功績を顕彰する「レルヒ祭」が催されています。

冬には大雪に覆われる、妙高の山並み。豊かな伏流水は、幾星霜の歳月にわたり上越の地を潤してきました。そのシンボル「妙高山」を酒銘に頂くのが、今回訪れる「妙高酒造株式会社」です。
潤沢な雪解け水のごとき美酒と聞く「越乃雪月花」……またひとつ、上越の名酒の封を開けてみましょう。