TOP > 蔵元紀行 > 七笑酒造 > お宝紹介

会員サイト

入会特典

・「いい酒のめーる」の購読
・唎酒会やイベントへのご案内
・検定やサイト機能の利用
・マナベル度の獲得

会員登録

すでに会員の方はこちら

ログイン

蔵元紀行

北海道

東北

関東・甲信越

中部・北陸

近畿

中国

四国

九州

地酒の用語集

あなたの地酒の知識を増やしましょう

  • 地酒用語集

みんなで作る地酒情報

お奨めの地酒や肴・お店をみんなに教えてあげよう!

  • 地酒ぐるめ大百科
地酒蔵元会利酒会 イベントの様子はこちら
地酒川柳募集キャンペーン
地酒川柳優秀作品アーカイブ
地酒蔵元会公式チャンネル

七笑酒造株式会社 ~お宝紹介

大正ロマンを感じさせる  「陶器の酒樽」

大正ロマンを感じさせる  「陶器の酒樽」 大正ロマンを感じさせる  「陶器の酒樽」

1升瓶が普及するまでは、だれもが酒蔵で量り売りの酒を甕(かめ)や壷に入れてもらっていた。
この「七笑」と「木曽錦」の2つの代表銘柄も、当時の「藤新」の店頭に並んでいたもの。
中に入れた原酒は水割りして売っていたが、酒を入れ忘れて水だけを売ってしまい、帰宅したお客が「今日の酒は、水みたいな酒だな」とぼやいたこともあったそうな。

七笑にちなんだ  「七福神の額絵」

七笑にちなんだ  「七福神の額絵」

12年前、土蔵の中を片づけていた潤吾常務が偶然発見した、珍しい「七福神」の額絵。
車座になった7人の神様の真ん中には、“七笑”の赤い盃と亀が描かれている。
揮毫は「耕雲」とあり、おそらくは明治から大正時代に活躍した日本画家 山田耕雲(やまだ こううん)の作品と思われる。
耕雲は明治11年(1878)京都生まれ。
帝展審査員。文展・帝展ほか入賞は多数あり、昭和31年(1956)に没。